お家で簡単!! 足が速くなる方法

運動をしていると、みんなが気になる『足の速さ』。どんなトレーニングが効果的?どうしたら速く走れるの?と疑問がたくさん浮かんできます。そこで今回は、そのお悩みを解消していく方法を聞いてきました。誰でも簡単に、お家でできる"足の速くなる体の使い方"と"その練習方法"を覚えていきましょう!

2017.09.07

お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)

足が速くなる第一ポイント『つま先をあげること』

足の速い人と遅い人では、何が違うのでしょうか? 足の長さや走り方もありますが、速く走れる人は、足の動き(動かし方)が速いです。いかに(足の)回転を速くできるかによって、足の速さは変わってきます。

走るときは、ももが上がりますね。その時、つま先が上げたときと下がっている状態ではどちらが足(の全体)が上がりやすいでしょうか。つま先をグッと(上に)あげたほうが、足も上に上がりやすくなります。

つま先が下がっている状態は、地面につま先立ちをして歩くときと同じように、すねなどに力が入り、ももの前(の筋肉)も伸びてしまいます。ももの前が伸びてしまうと、足が上がらなくなります。さらに、変な走り方になってしまうので、つま先はあげるようにしましょう。

足が速くなるための第一ポイントは、まず意識するのは『つま先をあげること』です。 つま先を上にして走ってみると、自然と足が前にでるようになります。

つま先走りと足裏全体で走る。どちらが速い?

では次に、つま先だけをつけて走ることと、足の裏の全部をつけて走るのは、どちらが速いでしょうか。

答えは『足の裏全部』です。足裏の全体をつけることで、地面との反力(地面を蹴る力)が強くなります。特に小学生のときに、つま先だけで走ってしまうと、足の回転は速くなりますが、力がかからないので、年齢があがっていくにつれて、遅くなってしまいます。 足を地面についたときに、足にバネがついているような感じで、跳ねるように意識しましょう。

また、足を下すときにもポイントがあります。それは『身体より後ろに下すこと』です。足を自分の前に下すと、体はバランスを崩してしまいますが、後ろに思いっきり(地面を)蹴ると、体が前のめりになり、(進行方向へ)体が進むようになります。
お家で簡単!! 足が速くなる方法(2/3)

1 2 3

最新の記事