【内野ゴロの構え方】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(中級編)

野球をされていた親御さんでも、いざ自分の子どもに野球を教えてみると、意図が伝わらなかったり、理解されなかったり、なかなか難しいものです。
「お父さんとお母さんのための野球基礎知識」では、野球経験のないお父さん、お母さんでも理解し、お子さんへ伝えやすいように解説をしています。

2017.09.22

内野ゴロの構えの基本姿勢は、まず足を広げ、グラブを下から出すようにしましょう。
その際によく「股を割って腰を落とせ」という用語が使われますが、子どもはまだ関節が硬かったり、必要以上に腰を落としてしまうケースがあるので「グラブをそのまま地面にくっつける」このように理解させてあげれば、自然と腰が落ち、正しい内野ゴロの構え方になります。

また、グラブを立てて構えると腕が硬くなり送球へスムーズに移行できなくなってしまうので、左腕を自然と下ろし、グラブをやや内側へ向けてリラックスした状態で構えるようにしましょう。

■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。

【中級編】記事一覧

最新の記事