【内野手のスローイング練習】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(上級編)

野球をされていた親御さんでも、いざ自分の子どもに野球を教えてみると、意図が伝わらなかったり、理解されなかったり、なかなか難しいものです。
「お父さんとお母さんのための野球基礎知識」では、野球経験のないお父さん、お母さんでも理解し、お子さんへ伝えやすいように解説をしています。

2017.12.12

内野手のスローイング練習(ショートスロー)


内野手は短い距離間でのスローイングが求められるので『ショートスロー』のキャッチボールをしましょう。

気を付けてほしいポイントは2つ。

【その1】ボールを握っている手の甲を頭の方向に向け、小指からボールを投げだすこと。
【その2】身体を横に倒しても、頭と手の距離を一定に保ちながら送球すること。


内野手のスローイング練習(ジャンピングスロー)


さらに、『ジャンピングスロー』の練習もしてみましょう。
歩きながら捕球し、送球する一連の動作を身体で覚えることが大切です。
慣れてきたら徐々にスピードを上げ、リズム良く送球できるようにしましょう。

ジャンピングスローは、送球する相手にしっかりと胸を向けて投げます。
ただし、胸を向けて送球すると右側に逸れやすいので、いつもより左側を目掛けて送球するとコントロールが安定します。


■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。


【上級編】記事一覧



【中級編】記事一覧

最新の記事