【真上からのティーバッティング】少年野球練習メニュー(上級編)

野球をされていた親御さんでも、いざ自分の子どもに野球を教えてみると、意図が伝わらなかったり、理解されなかったり、なかなか難しいものです。
「お父さんとお母さんのための野球基礎知識」では、野球経験のないお父さん、お母さんでも理解し、お子さんへ伝えやすいように解説をしていきます。

2018.02.06

親子でやろう!真上からのティーバッティング

最短距離でバットを振り出せるようにして速球に差し込まれにくくするための「真上からのティーバッティング」。易しく解説していますので、親子でぜひやってみてください。

【必要になる道具】

・バット
・ボール(多めに)
・椅子(または台)
・ネット
・ホームベース(代わりに同じ大きさの段ボールなどでも代用してもOKです)

打者には自分の目線の上からボールが一瞬で落ちてきます。その一瞬でボールを打つには、無駄な動き(トップの位置からバットが動いてしまうなど)をしていては間に合わいません。そのため、上から落ちてくるボールをきちんと打っていくことで、無駄な動きを省いたスイングができるようになります。





【ボールを落とす側】
椅子などの安定した台に乗って、なるべく垂直にボールを落としてあげましょう。掛け声をすることで打者とタイミングを合わせるやすくなります。

【ボールを打つ側】
アゴが上がらないように気を付けながら、正面からのボールを打つ時と同じように構えてスイングしましょう。

■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。


【上級編】記事一覧



【中級編】記事一覧

最新の記事