【ワンバウンドのティーバッティング】少年野球練習メニュー(上級編)

野球をされていた親御さんでも、いざ自分の子どもに野球を教えてみると、意図が伝わらなかったり、理解されなかったり、なかなか難しいものです。
「お父さんとお母さんのための野球基礎知識」では、野球経験のないお父さん、お母さんでも理解し、お子さんへ伝えやすいように解説をしていきます。

2018.02.16

親子でやろう!ワンバウンドのティーバッティング

少年野球では原則として試合でピッチャーが変化球を投げることが禁止されています。しかし、中学生になったら軟式・硬式問わず試合で変化球を投げることが認められます。そのため、ストレートと変化球、両方に対応できるバッティング能力が求められるようになります。

【必要になる道具】
・バット
・ボール(多めに)
・ネット
・ホームベース(代わりに同じ大きさの段ボールなどでも代用してもOKです)



この先、中学でも野球を続けるのであれば、変化球に対応できる練習に早い段階から取り組んでいた方が、中学野球にもスムーズに馴染めると思います。そこで、小学校高学年のお子さんに推奨したい練習が『ワンバウンドのティーバッティング』です。

これはトップを作った後に、変化するボールを打つための「間」と呼ばれるものが自然と身につく練習です。

ボールを投げる側の掛け声と同時に打者はトップの形を作ります。トップの形を維持したまま前に突っ込まないようにボールを待ち、ミートポイントまで呼び込んで打つようにしましょう。


■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。


【上級編】記事一覧



【中級編】記事一覧

最新の記事