「NPO法人日本少年野球研究所」佐藤洋代表を訪ねて(後編)

元巨人で10年間プレーした経験を持つ佐藤洋さんが少年野球の現状に危機感を覚えて立ち上げたMFT野球スクール。前編では佐藤さんが考える少年野球界の問題について話を伺ったが、後編では実際にどのような方針、内容で日々の活動を行っているかを佐藤さんの話を交えながらレポートする。

2018.04.19

遊びながら楽しみながら野球を覚える

取材に訪れたのは行田市でのスクール。会場は市の体育館で、毎週金曜日の18時をめどに練習がスタートするという。参加している子どもは小学校4年生から中学3年生までで、それぞれチームに所属しながらこのスクールに通っている。あくまで子ども達が「楽しむ」ことと「今まで出来なかったことが出来るようになること」が目的であり、試合に勝つことやその時に野球が急激に上達するということは主眼に置いていない。スタート時間も子ども達の集まり状況によってその時に応じて決めているという。その背景を佐藤さんはこう話した。
「子どもたちもやることが多くて忙しいんですよ。土日はチームの練習があるし、宿題や塾もある。そんな中で時間をきっちり決めてしまうとそれだけでストレスになりますよね。あくまで来たいと思って来てもらうことが大事なので、時間を決めて無理に来てもらうことは避けるようにしています」

実際にこの日も18時頃から徐々に子ども達が集まり始めたが、全員が揃うまでにはしばらく時間がかかった。そしてその間、佐藤さんからは特に何かを指示することはなかったのだが、子ども達は勝手にバスケットボールを持ち出してチームに分かれて試合を行っていた。練習が始まる前とはいえ、野球スクールにはとても見えない光景だが、これにも意味があるという。
「突き指するからとか、そんなことをやっても野球が上手くならないなどと言って、かたくなに他のスポーツを否定する指導者もいます。でも子どものうちに遊びや他のスポーツを経験することは将来的に野球にも生きてきます。子ども達もかなり汗をかいていますけど、単純に運動量も相当ありますから」

ようやく子ども達が揃ったのは18時半頃。ここからウォーミングアップに入っていったが、この時間を佐藤さんは重視しているそうだ。
「野球のチームの練習を見ていると、アップをちゃんとしないところが多いです。自分は引退した後、他の競技のことも勉強したのですが、体の使い方という意味ではアップは凄く大事だと思います。最近ではよく言いますけど、20年前から野球には肩甲骨と股関節の動きが重要だと思って、その動きを取り入れています。あと暴投したり打てない理由をつきつめていくと、真っ直ぐ立つことと真っ直ぐ横に移動することができないからというのが大きいです。バットとボールを持たない中で動きを覚えるというのがアップについてはテーマですね」



佐藤さんが話すようにアップでは腕を回したり、サッカーのブラジル体操のように足を上げたりする動作などあらゆる動きが取り入れられていた。そしてこのアップの時に子ども達を観察することを重要視しているという。
「アップを見ない指導者も多いですけど、自分はこの時に子どもの状態を見るようにしています。どこか痛い、何かがおかしいという子どもは動きや表情に必ず出てきますから。それに気づくという点でもアップは大事ですね」
次のページ

1 2

最新の記事