「文武両道 ービジネス界で活躍する元球児ー」上杉健さん(前編)

株式会社GutsCareerSupportを設立し、高校生の年代からのキャリア教育、競技力向上における事業などを行っている上杉健さん。早稲田大学時代は小宮山悟投手(元ロッテなど)とバッテリ-を組み、東京六大学で首位打者、ベストナインも獲得。その後も社会人のリクル-ト、ロ-ソンで長くプレ-した経験を持つ野球人だ。そんな上杉さんに学生時代、会社員時代、そしてなぜ起業という道を選んだかなどについて話を聞きました。

2018.09.21

大きかった「小さな成功体験」


――野球を始めたきっかけを教えてください。
「野球は中学校の部活の軟式野球がスタートです。少年野球とかはやってなかったんですよ。父が転勤が多かったということが理由ですね。だから最初は左ピッチャーの牽制球がプレ-トを外さなくても良いということも知らなくて、ルールもよく分かっていませんでした(笑)。ただ子供のころから運動は得意でしたね。当時は男だったら野球をやるのが当然という感じで、あまり迷うことなく野球部に入りました」


――高校は野球の強豪校ではなく、地元の進学校である松本深志(長野)に進学されていますが、この時は野球のために進学したという感じではなかったのですか?
「当時の長野は松商学園が強かったんですけど、自分は勉強して高校に行こうと考えていたので松本深志を選びました。野球のためにという考えはなかったですね。

中学時代も途中までは成績も良くなかったのですが、数学の塾に通うようになって。その先生がかなりユニークな教え方をされる人だったんですね。それで問題が解けた時のひらめきが楽しいと思うようになって、他の教科もできるようになりました。その時の『小さな成功体験』が大きかったんだと思いますね」


――高校時代の野球の成績はどうだったんですか?
「自分が2年生の春に北信越大会には出場しました。ただ、その年の夏は上級生が気持ちが入りすぎてしまって初戦敗退。甲子園を目指してやっていましたが、正直行けそうだなという感覚はなかったです。自分は下級生のころから試合に出してもらって、3年生の時はピッチャーもいなかったので背番号1もつけていました。

運動能力の高さを評価していただいて、高校3年の時にはプロからもお話があったんですよ。先日お亡くなりになった岡田英津也さんが担当スカウトで、ちょうど西武から中日に移籍されたタイミングで『どっちの球団でもいいぞ』と言われたのをよく覚えていますね(笑)」


――どちらの球団でもいいというのは凄い話ですね。それでもプロを選ばずに早稲田大学に進学したのはなぜですか?
「高校の教員になりたいという気持ちが強かったんですね。それを考えてプロはお断りしました。筑波大と早稲田を考えていたのですが、高校の2年先輩が早稲田に行っていたこともあって最終的には早稲田にしました。ちょうどその年に人間科学部ができた年で自分は1期生になるのですが、それもラッキーでしたね。大学側もどれくらい入学をするか分からないからかなり多めに合格を出したみたいです」
早稲田で小宮山先輩とバッテリー、首位打者・ベストナインも獲得

1 2

最新の記事