未就学児、小学校低学年を「野球好き」に!ベイスターズの「やきゅうみらいアクション」

NPB各球団の中には未就学児や低学年への普及活動を行っている球団も多い。9月初旬、横浜DeNAベイスターズの普及活動である「やきゅうみらいアクション」を取材した。

2018.10.03

DB.スターマンがやってきた!

横浜市磯子区の岡村幼児園に、スターマン号がやってきた。園庭まで乗り入れた車からは、スタッフが降り立ち、素早く着替えをする。
園児たちがやってくる。この岡村幼児園は1歳から5歳まで153人が在籍している。
ベイスターズのマスコットあるDB.スターマンとオフィシャルパフォーマンスチームであるdianaのお姉さんと対面して、少し緊張気味の園児たちに、準備体操を兼ねたダンスのレッスンが始まる。dianaの動作に合わせて動いているうちに、子供たちは少しずつ表情が明るくなる。ベイスターズのユニフォームを着た子もいるのは土地柄だ。


ダンスが終わると、今度は年長組を対象にした野球教室。野球振興スタッフが指導する。最初はゴロをキャッチしネットへ投げ込むゲーム。チームに分かれてネットに入ったボールの数を競う。dianaのメンバーは、園児の目線まで腰を落として一人一人の動きを見守る。うまくネットにボールが入れば拍手する。ゲームのコツがわかってきた園児たちはだんだんエキサイトする。このゲームが2回行われた。


水分補給の時間をとって今度はティーバッティング。ティーに置いたボールをプラスチックのバットで打つ。最初はバットに当てるのもおぼつかない子供も、打ち方を教わって少しずつボールが前に飛ぶようになる。dianaはボールをティーに置くサポート。
この間、年小組、年中組の子供たちはスターマン号をバックに、DB.スターマンとの記念撮影が行われる。

最後は、DB.スターマンとdianaが横浜DeNAベイスターズの球団歌でダンスを指導。この頃には、子どもたちは一生懸命にダンスを覚えようとしている。

約1時間のプログラム。球団からオリジナルノートのプレゼントもあり、子供たちは大満足のようだった。

野球とダンスを広めるいい機会

岡村幼児園の女性職員は、
「やはり横浜ですから、ベイスターズのファンは多いですね。お母さんたちも本当は見に来たかったようです。子ども達もワクワクしていましたし、私も楽しかったです。これからもぜひお願いしたい」と語った。


dianaのひとり、Junonさんは、
「小学校まで男の子に交じって野球をやっていました。今年からdianaメンバーになったのですが、もともと子供たちが好きですし、ダンスと野球を広めるいい機会だなと思います。声は大きく、ゆっくり、わかりやすく話しかけるようにしています。スタジアムで踊るのも楽しいですが、こういう仕事も増やしていきたい」と語った。
小学校低学年の授業に元プロ選手が登場

1 2 3

最新の記事