【小金原ビクトリー】練習で大切にしている「考える」「楽しむ」「思いやる」

小金原ビクトリー取材の最後は練習の様子を詳しくお伝えします。練習の最後に行われた紅白戦では「子どもたちが自分で考える」「野球を楽しむ」「仲間を思いやる」という、高橋監督が大切にしていることが凝縮されているようでした。

2018.11.12

発言した子どもの意見を否定せず、まずは褒める

小金原ビクトリーの練習時間は土曜日は基本的に午前9時から11時くらいまでと短く、午前か午後に試合が行われることが多い日曜は、試合+4時間ほどとやや長い時間を取っている。平日練習は行ってこなかったが、最近になって子どもたちが「(平日も)練習したい!」と言いはじめたそうで、平日でも夕方からコーチが見守る中で「自主練習」が行われるようになったという。

土日以外は子どもたち各自で自主練習となっており、毎週何か課題を出しているそうだ。やれない課題ではなく簡単な課題を出すことがポイントだという。そうすることでゲームやスマホに走る時間を少しでも野球の練習に使ってもらうというのが狙いだ。その課題を土曜の練習の時に確認するそうだが、「ちゃんと課題をやって来たかどうかすぐにわかります。練習に来た時の顔色でわかります(笑)。後ろめたい感じで(笑)」なのだそうだ。

日曜の午後に練習がある場合は子どもたちに練習メニューを組ませることにしている。
「でも大体バッティング練習になります(笑)。『何がしたい?』ってきくと『バッティング!』っていうんで(笑)」



監督が日曜日にたっぷりと守備練習をさせたかったとしても、子どもたちがバッティングをしたいというのであれば、子どもたちの意見を尊重するのだという。
「子どもたちに考えさせることが大事ですから。あとは、今どきの子どもって考えたことを発言したことを発表することをとても恥ずかしがるんですね。だから指導者は何か発言した子どもに対しては「それいいよね」ってまず褒めてあげることが大事だと思いますね。そうすることで次も発言するようになりますから。発言に対して否定的なことを言ってしまうともうダメですね。次から発言しないですから」

発言した子どもの意見を否定せず、まずは褒めてあげるー
今どきの子どもたちと接する上で大人たちが意識しておく必要がありそうだ。
時間がかかっても子どもに考えさせる

1 2 3

最新の記事