『子どもの権利とスポーツの原則』発表イベントレポート

1989年11月20日、国連総会において子どもの健やかな発達や主体性の尊重などをうたった国際条約として『子どもの権利条約』が全会一致で採択された。そしてそれから29年後となる今年の11月20日、ユニセフ(国連児童基金)と公益財団法人日本ユニセフ協会は、スポーツと子どもの課題に特化したユニセフとして初めての文書である、『子どもの権利とスポーツの原則』について発表した。そしてその発表イベントには、過去にヤキュイクでも紹介した堺ビッグボーイズの瀬野竜之介代表がパネラーの一人として登壇。チームとしての取り組みとともに今後のスポーツ界、野球界について提言を行った、今回はそのイベントの様子を瀬野代表のコメントを中心にお届けする。

2018.11.26
『子どもの権利とスポーツの原則』発表イベントは11月20日の午後、場所は東京都港区にあるユニセフハウスで行われ、イベントの冒頭では鈴木大地スポーツ庁長官から「スポーツの価値がすべての子どもに行き届くことを祈念する」という祝辞が述べられた。その後、早水研日本ユニセフ協会専務理事、スバジニ・ジャヤセカランユニセフ本部マネージャーによって原則作成の経緯と概要の説明があったが、まずはそれを紹介したい。


2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催をきっかけとして、スポーツにおける子どもの権利を日本から発信したいという理念から約1年間で作成されたのが今回発表された原則である。そして本原則における「子ども」とはあらゆる形でスポーツに参加する18歳未満の者と定義づけられており、スポーツ選手になることを願う子ども、レジャーやレクリエーション、体力づくり等の目的でスポーツをする子どもも含まれている。そして本原則は10項目から成り立っており、4つの対象に分けられている。

■スポーツ団体とスポーツに関わる教育機関、スポーツ指導者に期待されること(6項目)
1.子どもの権利の尊重と推進にコミットする
2.スポーツを通じた子どものバランスのとれた成長に配慮する
3.子どもをスポーツに関係したリスクから保護する
4.子どもの健康を守る
5.子どもの権利を守るためのガバナンス体制を整備する
6.子どもに関わるおとなの理解とエンゲージメント(対話)を推進する

■スポーツ団体等を支援する企業・組織に期待されること(2項目)
7.スポーツ団体等への支援の意思決定において、子どもの権利を組み込む
8.支援先のスポーツ団体等に対して働きかけを行う

■成人アスリートに期待されること(1項目)
9.関係者への働きかけと対話を行う

■子どもの保護者に期待されること
10.スポーツを通じた子どもの健全な成長をサポートする



日本国内では日大アメリカンフットボール部の反則タックル問題、女子体操協会のパワハラ問題、そして直近でも高校野球の現場における体罰が明るみに出るなど、スポーツの現場での不祥事は後を絶たない。また海外でもアメリカの体操連盟のドクターによる女子選手への性的虐待は大きなニュースとなった。原因は一つではないが、世界的に見ても子どものスポーツ環境が健全であるとは言えないのが現状である。そんな現状を変えるべく出来上がったのが今回の原則だが、概要の説明の後にはプロ野球界から筒香嘉智(DeNA)、サッカー界から長谷部誠(ブンデスリーガ・フランクフルト)の現役の二人のトップ選手からのビデオメッセージが紹介され、ともに一人でも多くの子どもがスポーツを楽しめる環境を作ると力強い言葉とともに、第1部の発表会が終了となった。

次のページ

1 2

最新の記事