【大阪桐蔭】中川卓也|「あの悔しさ」を忘れずに登りつめた頂点

史上初の2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭。4人をプロ野球へ送り出したチームはその強さだけではなく、対戦相手をリスペクトする姿勢にも大きな称賛を集めた。前回はチームを指揮する西谷浩一監督にお話を伺ったが、今回は主将としてチームをまとめた中川卓也前キャプテンに話を聞いた。

2018.12.18

頭の片隅に残していた「切り替えてはいけないミス」

昨夏の甲子園の3回戦・仙台育英戦。1−0で迎えた9回裏の守備でショートからの送球。ファーストベースを踏めばゲームセットだったが踏み外した。逆転サヨナラ負けのきっかけを作ってしまった。

以降、自身の思いを語るにあたり、あの場面をクローズアップされることも多かった。気持ちを切り替えるためにどれだけ時間を要したのかと思いきや、中川の思いはこうだった。

「ミスには切り替えていいミスと切り替えてはいけないミスがあると思うんですが、自分の場合は切り替えてはいけないミスでした。よく“切り替えろ”と周りから言われていたのですが、もし切り替えてしまうとあの時の悔しさとかリセットされてしまうというか、フラットな状態で新チームを迎えてしまうような気がしたんです。

“切り替える”の本当の言葉の意味はどこかにあるのかも知れないですけれど、自分は悔しさを持って戦っていくことの方が大事だと思ったんです」。

思い出すだけでも眠れなくなるようなシーン。でも、あの鮮烈な記憶は頭の片隅にでも残しておかないといけないと、自身を奮い立たせてきた。

悔しさを忘れてはいけないというのは簡単だが、表向きには切り替えても、常にあのシーンは頭の中に残し続け頂点を見つめてきた。今夏の甲子園で春夏連覇を達成し、アルプススタンドに挨拶に行った直後にあふれた大粒の涙には、中川にしか分からないただならぬ思いが詰まっていたのだろう。
相手をリスペクトした上で試合をすることがフェアプレー

1 2

最新の記事