近江高校|プロ注目捕手、有馬諒の得意科目は数学「野球にも生きる要素が多い」

2018.12.28

甲子園で対戦した2人のライバル

今年は春夏連続で甲子園の土を踏んだが、その両大会で同世代の注目される捕手と対戦できたことも収穫だった。センバツでは3回戦で星稜の山瀬慎之助、夏は初戦で智弁和歌山の東妻勇輔だ。

「肩の強さは2人にはかなわないです。山瀬君はピッチャー主導で、東妻君はキャッチャー主導でリードしているように思えました。2人と自分、それぞれ違いますが、自分が2人に負けていないと思っているのはリード面です。これからももっと磨いていきたいですし、今までやってきた自負もあるので」

とライバル心をのぞかせる。

もちろん今のままで満足はしていないが、有馬のこだわっているリード面とは果たしてどこなのだろうか。

「相手の頭にないボールでアウトにする。裏をかくというか、相手の表情を見て色んな対策を考える。序盤の打席で打たれても、最終打席で三振でアウトに取れたら気持ちがいいので、後半の打席は意識してしまいます。もちろん、試合で勝つことは大前提ですが、もっと相手を見て分析できるようにしていきたいです」。

この秋の近畿大会では初戦で報徳学園に敗れ、来春のセンバツ大会出場は絶望的になった。初めて長い冬を迎えるが、今はプラスにとらえている。
「この長い時間を、夏に生かせるように、じっくり時間をかけて成長していきたいです。個人的には打撃をもっと上げないと。秋は序盤の試合は打てても勝ち上がってからレベルの高い投手はほとんど打てなかったので」。

有馬の表情に、春を逃した悲壮感はない。むしろ、発する言葉ひとつひとつへの気持ちのこもり方に、ラストイヤーへの強い決意を感じた。(取材・写真:沢井史)

「高校野球」関連記事

1 2 3

最新の記事