【少年野球質問箱】「ヘッドを走らせる」ってどうゆうことですか?(前編)

全国約7,000人の野球指導者及び保護者から絶大な支持を得ているFacebookページ「少年野球指導者のひとり言」の管理人廣川さんが、お父さんお母さん、指導者の皆さんの少年野球に対する悩みや疑問にお答えします。

2019.01.04

今回の質問・お悩み



「ヘッドを走らせる」ってどうゆうことですか?

中学硬式で息子が7番を打っています。178cm73kgあり体格はいいのですが運動神経は中の下といった感じです。試合でも練習でもなかなか良い当たりが出ません。たまに出るヒットもグシャッとした当たりが多いです。
監督さんやコーチも体格の割に打撃が弱い息子をなんとかしたいと思っていただいているようで色々とアドバイスを下さいます。中でも「ヘッドが出てこないから打てない」「もっとヘッドを走らせろ」と言われるそうなのですが、本人も私も「ヘッドを出す」「ヘッドを走らせる」という意味がよくわかっていません。ネットでも調べてみたりするのですが、よく理解できません。息子もコーチに尋ねたそうなのですが、身振り手振りで説明をされても「よくわからなかった」そうです。

・「ヘッドが出る」「ヘッドが走る」というのはどういう状態のことなのですか?
・「ヘッドが出る」「ヘッドが走る」ことによってバッティングの何が変わりますか?
・「ヘッドが出る」「ヘッドが走る」スイングを身につけるためにはどんな練習をすればいいですか?

どうぞよろしくお願いします。



廣川さんの答え

「ヘッドが出る」「ヘッドを走らせる」
グラウンドでよく聞かれる言葉ですよね。
私はいろんな世代の野球を見ますが、高校生でも「ヘッドが走る」という打ち方ができない選手もいます。指導者であってもわかっているようでわかっていないことも多い「ヘッドが走る」という打ち方について今日は説明したいと思います。
いつも申し上げますが、野球技術の中でも特にバッティングは指導者ごとに様々な理論があります。私の理論もひとつの参考として捉えて頂ければと思います。

「ヘッドが走る」とは?

バッティングの時、バットの軌道は図のようになります。
バット自体が投手方向に移動することでボールを打つことができるわけですが、この時にグリップが投手方向に移動する速度よりもヘッドが投手方向に進む速度が速い時に「ヘッドが走る」という状態になります。

(図1)


私は「ヘッドが走らない原因」は大きく分けて3つあると考えます。
ここでは右打者のケースで解説したいと思います。

【1】左足の踏み込みが不安定な場合
打撃フォームは体重を軸足に寄せた後、その体重を踏み込む左足方向に移動させることで始動します。左足を踏み込んだ後に手が動いて実際のスイングに移行しますが、この左足の踏み込みが不安定だといわゆる「左側の壁」ができないために上半身に慣性がかからず、グリップが先走ってヘッドが遅れるという現象を起こします。
「投球時の左足の踏み込み」と同じ原理です。

(図2)


【2】左肩の開き
バットは手で握っているため、腕の力でバットを振ろうとすると、左肩が開きやすくなります。左肩が開くとグリップが三塁方向に引っ張られてしまうために、ヘッドが遅れやすくなってしまいます。この状態で強引にヘッドを立てようとすると三塁方向のファールになります。最近の小・中学生はオープンスタンスで構える選手が増えているので、この課題を持った選手は増えている印象があります。


(図3)


【3】左手首の角度
手の甲を上に向けた時、手首の関節は上下および回転はできても水平方向には動きにくい構造になっています。ボールを捉える時にボトムハンドとなる左手の甲が上を向いていると手首関節の構造の問題でヘッドを走らせることができません。

(図4)

これらが「ヘッドが走らない」原因と考えらえれます。
軟式球の場合はグリップを高く上げて上から振り下ろす「ダウンスイング」でボールを前で捉えれば、高く掲げたバットの位置エネルギーとボールの反発力で打球は飛んでいきます。腕力の弱い小学生、特に低学年の場合はこの打ち方は結果が出やすいです。しかしダウンスイングでボールを前で捉えようとすると上記の【2】、【3】の動作を助長しやすいように思います。うちの選手もこの「ダウンスイング」が原因でバットのヘッドが出てこない課題を持って入団してくる選手は少なくないです。

後編では上記【1】〜【3】の克服方法について説明したいと思います。

*後編はこちら




*「ご用件」に「少年野球質問箱」と書いて、廣川さんに教えて欲しい悩みや疑問をお送りください。

「廣川さん」プロフィール

廣川寿(ひろかわ ひさし)1969年生まれ。愛媛県出身。全国約7,000人の野球指導者及び保護者から絶大な支持を得ているFacebookページ「少年野球指導者のひとり言」管理人。

【球歴】
えひめ西(現松山)、リトルリーグ、愛媛県立松山北高等学校、甲南大学(阪神大学野球連盟)、リクルート(社会人野球東京支部)

【受賞歴】
■リトルリーグ
-四国大会優勝

■高校野球
-愛媛県中予地区新人戦優勝
-秋季愛媛県大会準優勝(四国大会出場)
-第59回選抜高等学校野球大会出場

■大学野球
-阪神大学野球連盟2部リーグ最優秀投手賞
(→1部昇格)
-阪神大学野球連盟特別賞(3度)
・1試合最多奪三振記録樹立(18個/当時)
・通算最多奪三振記録樹立(351個/当時)
・通算最多登板記録樹立(57試合/当時)
-学生日本代表候補選手選出 など

【野球指導歴】
-学童野球コーチ
-中学硬式野球チームコーチ・監督
-その他高校・社会人野球臨時コーチなど多数。

「教えて廣川さん」関連記事

最新の記事