野球少年の健康を守る「第3回神戸野球肘検診」、724人が受診

2019.02.06

エコー検診からスタート

朝9時、神戸市のポートタウンにあるアシックス本社の体育館には、兵庫県や大阪府から事前に予約した少年野球チームがやってきた。ユニフォーム姿で、指導者や保護者に引率されてやってきた選手たちは、問診票を提出した。



選手たちはまず問診票の結果で振り分けられる。次にエコー検診でわかった肘の状態によって、選手たちは肘や肩の測定を行ったり、理学療法士(PT)によるチェックを受ける。さらに必要があれば、医師による診察を受ける。







その場でOCDを発見し、いち早く手を打とうという考えだ。
OCDが見つかると、一般的にはドクターストップがかかり、野球活動を中止することになる。中止の期間は病態によるが、1〜2年と長期にわたる。選手や親にとってはショックなことだが、適切に治療をすれば、また野球をすることができる。

選手たちは神妙な顔でエコー検診を受けていたが「大丈夫だね」と言われてほっとする顔も見られた。
またPTチェックで、腕の可動域や関節の曲がる角度などを測定して、その場でアドバイスを受ける選手もいた。
スポーツリズムトレーニングで笑顔が戻る

1 2 3 4 5

最新の記事