野球少年の健康を守る「第3回神戸野球肘検診」、724人が受診

2019.02.06

検診の「その後」が重要



この検診は、費用は無料。医療法人社団あんしん会、神戸大学医学部整形外科はボランティアで協力した。諸経費はアシックスなどの企業の協賛と、「神戸野球肘検診募金」で賄った。
「子どもとスポーツの未来」を見つめるアシックスにとっても、有意義な支援だったのではないか。

またこの検診は任意であり、異状が見つかった選手のその後の治療も指導者、保護者に委ねられている。さらに異常が見られなかった選手も、過酷な練習や試合で障害を負う可能性もある。「その後」が重要なのだ。

指導者、保護者の意識が高まらなければ、野球少年たちの健康被害はなくならない。そして「野球離れ」を食い止めることもできない。

「神戸野球肘検診」は、医療目的に加えて、指導者、保護者、選手の「意識改革」の目的もあるという思いを強くした。(取材・写真:広尾晃)

「広尾晃」関連記事

1 2 3 4 5

最新の記事